ページの先頭

肩こり腰痛歪み矯正の加圧整体整骨所TOP » お客さまの声 鼻炎・花粉症

鼻炎・花粉症

ライン

花粉症改善した 秋田県 27才 OL
若い時から花粉症に悩み、投薬、針治療等いろいろとやってみましたが、改善されなく困っていたとき、加圧整体整骨所の宣伝看板を見つけ、すぐに行きました。
原因は、首のズレと言われ、矯正してもらったら一回で鼻の具合も良くなり、目もパッチリしました。あんなに長い間苦しんでいたのがウソのようです。皆さんも一度、加圧整体整骨所へ行ってみるべきです。
本当にビックリしました。
針ダメ!花粉症・鼻炎アレルギー改善した 34歳 主婦 秋田市
若いときから花粉症・鼻炎で投薬、点鼻薬をしているのですが、一向に治らなく悩んでいたら、加圧整体整骨所のHPを見つけ予約して行ってみると、“脊椎のズレ”が原因だと言われ、一回矯正したらビックリするほど鼻がスースーとなり、また目もスッキリとしました。長年苦しんでいたのに…ただ驚きです。ありがとうございました。 花粉症の方は多くいると思いますので、一度加圧整体整骨所へ行ってみるべきです。
先生曰く…針治療は絶対にしないことです。針を打った患者さんは筋線維が死んで元に戻らない。肩こりの方で針治療した人は感覚なく、鉄板が乗っているみたいで常に冷たいと事でした。いくら針を打っても骨格はなんら変わりません。針にはくれぐれも注意すること、又、打たないことです!!
今、小顔ビューティと言って、針を打ちますが、最初の1〜2回は顔が引き締まったように思い、何回も針を打つと筋線維が死んで皮膚が垂れ下がり、顔面マヒのようになります。タレントの北野たけしさんの顔は針治療の後遺症ですので、くれぐれも注意してください。
「一回で癒やします」の言葉は本当でした!  23歳 男性(秋田市)
 偏頭痛、鼻炎、目のかすみ、片腕のしびれ等で悩まされており、2ヶ月間様々な治療を受けましたがさっぱり良くならず悩んでおりました。そんな時加圧整体整骨所の噂を聞き、思い切って電話してみたところ「一回で癒します」とのことで、半信半疑ではありましたが行ってみることにしました。実際に施術を受けたところ、あれだけ悩まされていた偏頭痛もスッキリ! さらに鼻炎や目のかすみ、腕のしびれも良くなり本当に驚きました。翌日からは仕事にバリバリ打ち込めるようになり、豊田先生の言葉を信じて行ってみて良かったと感謝しております。
便秘と鼻炎が改善、身長が伸びました  男子12歳・女子9歳の母 秋田市

 現在、12歳の男の子と9歳の女の子の母親です。
加圧整体整骨所には初め私が腰痛の改善にと通い、1回の施術でになりました。
2回目は10年間鼻炎で悩む長男を連れての来院でしたが、これも1回で改善。その日の夜から鼻呼吸ができるようになり、さらには近視が少し良くなったことと身長が5ヶ月で6cmも急速に伸び、本人はもちろん家族もとても喜んでおります。
長女は1歳の頃から風邪でもないのに吐いたり、突然の発熱で何度も救急病院に運ばれましたが、その度に便秘の症状で浣腸をすると嘘のように病状がよくなりケロッとするありさまでした。当時私たち両親は便秘には縁がなく、なぜ娘だけが便秘になるのか原因がわからないため、何度も繰り返すその症状に振り回され病院での定期的な下剤投与の他、体質改善をする食事療法など便秘に良いと思うものは全て試してきました。しかし、症状は変わらずやがて娘も高学年になり排便に下剤を使っていることで、学校でかなり恥ずかしい思いをするため、加圧とはあまり関係がないかな?と思いつつも試しに施術を受けさせました。すると10日あまり出なかった便が1回の施術の後すぐに排便しました。それまで毎日合い言葉のように言っていた「今日は出た?」の言葉も言う暇がないほどのスピードでした。まだ便秘の癖が残っているようなので、今後も何度かお世話になると思います。

 初めは皆、加圧整体整骨所にいくと戸惑うかもしれませんが、病院で何時間も待たされ高額な薬をもらって何年も過ごすよりは1回の施術を試して薬の必要のない生活を送れる人が増えればと今は願っております。ありがとうございました。


花粉症が1回で改善されました  31歳 OL 千葉 船橋市

学生時代から花粉症で苦しみ点鼻薬とマスクの生活でしたが、加圧整体整骨所のHPを見つけ1回で改善させる の文字に半信半疑でしたが思い切って行ってみました。頸椎の矯正をしてもらったらビックリするほど鼻がスーと通り楽になりました。今まで苦しんでいたのが嘘の様です。

息子が小さい時から悩んでいた鼻炎が解消し元気になりました
秋田県由利本荘市 小学生の息子を持つ母
  息子(小6)が、加圧整体整骨所に通い出したのは、小学4年の12月からです。今年の12月で丸2年経ちました。 それまでの息子の症状は、生後8ヶ月で気管支喘息による入院を皮切りに、風邪を引きやすく、扁桃腺で高熱、救急に駆け込んでは点滴という生活でした。 また、走ると転びやすく、足が内股、両足が均等に地面に着いていなく、よく観察すると「右足が内側にクイッと入り込んで歩くため、走るとその右足が左足にぶつかって、もつれて転ぶのだ」ということがわかり、整形を受診したり、視野の検査をしたりしました。 そして、幼稚園の終わり頃になると「頭が痛い」という様になり、生あくびが出て顔色も悪くなり、横になって寝てしまうという事が度々ありました。 1〜2時間寝ると、元気になるので、「疲れていたのかな?」くらいにしか思っていなかったのです。 ところが、頭痛の頻度が小学生になると多くなり、「授業中に机にふせる、保健室で休む」といった状態でした。 相変わらず風邪を引きやすく、すぐ喘息が出るといった症状も変わりません。そして、鼻炎の症状も出てきました。 私は、頭痛の原因を探るべく、CT・心電図の検査、病院の先生の「鼻炎の子は鼻が詰まっているから、口で呼吸をするため、そうとう体力を使い、眠っていても疲れがとれず、頭痛になりやすい」という言葉で、一時は納得したりしましたが、それでも耳鼻科で詳しい検査をしたりしました。 その結果、軽い運動後に血圧と脈拍に変動があることが分かり、「起立性調節傷害の症状による頭痛ではないか?」という診断がでました。 その時の私は、「やっと原因がわかった」という安心感で「薬を使ってでも、授業に問題なく、みんなと同じように日常生活を送らせてやりたい」という思いで、何の抵抗もなく進められるまま薬を飲ませはじめました。 この薬は、血圧を上げて一定に保ち急速な血圧低下を防ぐもので、運動後に血圧が一気に低下して頭痛や悪心の症状を防ぐといったものです。その薬を飲んでからは、それなりの効果はあり学校での頭痛の回数は減りました。しかし、そのうち薬を飲んでも症状が出たり、出なかったりで「おかしいな?飲んでも飲まなくても、同じではないか?本当に薬の効果があるのかな」と疑問を持ち医師に相談したりしました。 「体調によって、多少の変化はあるものだし、ここで服用をやめてしまえば突然倒れて頭を打って、今度は脳外科に運ばれかねませんよ」などと言われ、薬を止めるわけにも行かず、ずっと飲ませ続けました。 その間にも、喘息から肺炎になり入院、喉が腫れて高熱、点滴、土日に疲れがたまり、「頭痛い」と寝込む状態は変わらず、学年が増すごとにひどくなっている感じがしました。 体を丈夫にするための努力もしました。 まずは、喘息を治すために空手を3年、「起立性」と分かってからはリンパ液の流れを良くするために、下半身を中心に鍛える運動を取り入れているカンフー体操を3年、休日の早朝ウォーキング、乾布摩擦、等々・・・。 しかし、空手は下半身が安定しないため足の位置を直されただけでグラグラして倒れる始末。なんて運動神経がないのだろう。この子はこのまま虚弱体質の運動音痴でずっといくのだろうか」と半ばあきらめ状態でした。 そんな時に、本屋で手にした本に「骨盤や頸椎の狂いから不健康な子供が増えてきている」というのがあり、内容を読んでみると「姿勢が悪い、鼻炎、肩こり、風邪を引きやすく、喉が詰まる、よく転ぶ、横座り、喘息、視力低下、頭痛、疲れやすい、アゴを付き出して歩く」など、全て息子の症状が書いてあり「もしかして息子も骨盤がズレているのかも?」と思い始めました。 しばらくして、新聞に「加圧整体整骨所」の広告を見つけ、そこの体験談に「アレルギー鼻炎や頭痛が治った」と書いてあったので、すぐ電話して診察に行きました。 そこで、豊田先生から「完全な骨盤のズレだ。それもかなりの重傷の方だ」と言われ、ズレて短い方の足のかかとを、ギューと押して「ここも痛いはずだ」とか「だいたい幼稚園の終わり頃から、具合が悪かったはずだ」などと言われました。 頭痛を訴え始めたのは幼稚園の終わり頃だし、時折床に付けないくらい足のかかとを痛がってはいましたが、「高いところからジャンプしなかった?」などと痛みが、ずっと続くわけでなかったため、気にしていなかったことまで言われたので驚きました。もう慢性化していたようです。私は「これで頭痛や、アレルギー鼻炎・視力低下も治るぞ」とやっと本当の原因を突き止めることができたと思いました。それが、今から2年前の12月です。 まず、骨盤調整して目に見えた変化として歪んでいた背中が平均になったことです。これには驚きでした。 ただ、私が不思議だったのは、たった今骨盤調整してもらって「これで治る」と思っているのに、豊田先生は「多分、こうして話している間にまたすぐズレているから」と言ったことです。 「どうして硬い骨をパキッと元の位置にはめ込んでやったのに、すぐ、またズレるの」と思いました。 今でこそ「正常な位置に持ち上げられた骨盤を、その場に支えられるだけの筋肉がなかったため」とすぐ分かりますが、いくら同じ事を説明されても理屈では、分かるのですが、それを頭の中で本格的に理解するまでには、時間がかかりました。 骨盤調整すると確かに、鼻は通るし、足のズレも治ります。でも、すぐ元に戻る「お金と時間をかけて、通う意味があるのだろうか」と思ったこともありました。 そして私の中で、納得するまでの間、様々な疑問がでてきました。通う度に先生に質問し、徐々に何度も通わなければいけない意味を理解していったのです。 初めは3歩進んで3歩下がる状態です。でも、これは、筋肉が鍛えられていないから当たり前なのです。そのうち、3歩進んで2歩下がる状態、残りの1歩は、確実に進んでいるのですが、なかなか実感がありません。これは、少しずつ知らず識らず・・・という意味です。 私達は、すぐ結果を求めて先走ってしまいます。どの症状も、全部一気に無くなって欲しい、すぐ結果がでると思い込んでしまいます。 でも、「どの症状も一気に良くはならない」という事を、息子を見ていて実感しました。先生から「徐々に、少しずつ、雲がだんだん薄くなって、ゆっくりゆっくり移動して、やがて晴天になるように、少しずつ効果が出る」と言われても、確実に進んでいるはずの残りの1歩が、目に見える変化でないため、骨盤のズレにくくなる日が本当に来るのだろうか?と、ずいぶん思いました。 通い出してから、飲んでいた血圧の薬を止めました。喉が赤くなり、しょっちゅう風邪を引き、アレルギー鼻炎の症状は相変わらず頻繁でしたが、頭痛の回数が薬を飲んでいた年に比べて半分に減り、また頭痛が起きても回復するのが早くなりました。 少しずつですが、5年生で変化が現れ救急に行くこともなくなりました。 ただ、マラソン大会の練習で長時間走ったり、発表会の練習などで特別な運動が続いた時などは、やはり風邪を引き喘息が出たり頭が痛くなったりしました。 そして、6年生になり、マラソン大会の練習や本番でも頭が痛くなることもなく、風邪も引かず完走しました。去年までは考えられない事です。家でも頭が痛いと寝込む事もなくなりました。徐々に体は丈夫になっているようです。 そして、今年の9月の36回目から現在12月の39回目まで、初めて連続で骨盤がズレていませんでした。鼻炎による鼻汁の量も減り、鼻をかむ回数も減りました。多分、支える筋肉が、加圧トレーニングによって、少しずつ鍛えられ、骨盤を正常な位置に支えている期間が長くなったのだと思います。 正常な位置に保っていることによって、血液循環が良くなり血圧が一定になり、運動後の急激な血圧低下が無くなって頭痛も無くなったのだと思います。 それと同時に 、食生活の面でも少しずつ改善していきました。初回に豊田先生より、 栄養指導を受けているのですが、今一つピンと来ず、毎日の習慣というものは、なかなかとれません。「分かっているけど、実行できず・・・」と言ったところでした。 しかし、通っているうちに、目の前の切り抜きや本などに目を通すうちに、自然と身に付いていった様に思います。 食生活を見直していくうちに、息子はすごい汗かきで、トイレが近いのですが、前は「オシッコ近いな、すごい汗かきだな」くらいにしか思っていなかったことが「汗をかきやすい、オシッコが近いという事は、他の子供と比べて体内の水分や塩分が倍も汗で失われて、脱水、カルシウムやナトリウムなども、オシッコでいっぱい出てくるんだ」と思いました。 だから、息子の場合「他の子より意識して、水分補給・ミネラル・ナトリウムも摂らなくてはいけないのだ」という事を発見し、ならば学校での活動が活発になる前に、少しでも補ってやれば防げるのでは?と思い、朝食を工夫したりと・・・。少しずつ、ゆっくり変わっていきました。 最後に、加圧整体整骨所に通っていて、様々な新規の患者さん達を見てきましたが、見ていて感じたことを書きたいと思います。 新規の患者さんに、施術や説明をしているのを見ていて、中には「誤解をしてしまう人もいるのでは?」と感じる時があります。先生は資格を持ったプロなので説明している事は、ごく当たり前の事なのですが、それをどれだけ理解するか、といった所でしょうか? 施術した後は、確かに「痛かった腰が痛くないとか、足をついても痛くない、不思議だ、すごい効いている、治った」と感じると思います。 しかし、極端な話「家に帰って車から降りる頃には、もしくは、次の朝起きたらもう痛い。やる前と全く同じだ。あの時だけで、すぐまた戻った」・・・とか「なんだ、全然良くなってない、治ってないじゃないか」と思ってしまって「途中で止めてしまう人もいるのでは」と私は思います。 私から説明させてもらえるならば、すぐ戻って当たり前なので。骨を支えていられるだけの筋肉が弱いのですから、でも「また痛くなる → 戻った → 全く効かない」と、誤解しがちです。筋肉を鍛えて強くしなければ、骨を支えることは出来ないのです。家を建てる時も、地盤がしっかりした硬い土地を選びます。田畑をつぶしたばかりの柔らかい土地だと、地盤沈下が心配です。柔らかな土地ではいずれ家は傾きます。それが筋肉と骨の関係と同じで、筋肉が弱いと骨は傾いてしまうわけです。 そこで、加圧トレーニングで手っ取り早く筋肉を鍛えるのですが、だからといって、加圧を一生懸命やっても、次の日モリモリ筋肉が出来るわけではありません。 本当に、3歩進んで2歩下がる・・・の、残りの1歩で少しずつ鍛えられていき、だんだん骨盤を支えていられるくらい強くなるのだと思います。 そうなるまでの間、骨盤を正しい位置に戻し筋トレをする・・・の繰り返しで、だんだんと骨盤は正常な位置を覚え、強くなった周りの筋肉でその場に踏みとどまるようになる。 私の頭の中では、こんな風に理解しています。 だからそうなるまでの間は、時間と日数がかかるのです。美容院も気に入ったヘアスタイルを一ヶ月も持続させるのは難しいし、エステも、マッサージしてもらった2〜3日効果があるだけ。定期的に通わなければ元に戻るということなのです。 そこの所を誤解せず、筋肉と骨の関係をほんの少し理解すれば、先生の説明していることが、全て納得できます。 これも、徐々に少しずつ合点がいく様になったのであって、私も最初は早く結果が欲しくて焦りました。でも、自分なりに、一つ一つ理解するようになって、新しく発見したこともあるし、今、本当に先生の言っていた通りに息子の体が元気になってきて「本当だ」と実感しています。これからも、メンテナンスとして通い続けながら、今まで以上に健康になるよう努力したいと思います。 身長が12cm、体重15kg増えました。
鼻炎アレルギー 小学5年 男性 由利本荘市

幼稚園のころから酷いアレルギーで、薬を飲んでおりましたが、偶然、新聞の広告で加圧整体整骨所のことを知り、施術を受けました。 たった一度の施術で鼻づまりも楽になりました。また肩の張りも楽になりそれまで猫背だった姿勢も真っ直ぐになりました。

花粉症で悩まされ目に痒みがありとても悩んでおりました。 34歳 女性(秋田市)
毎年、花粉症で悩まされ目に痒みがありとても悩んでおりました。たまたまホームページを見て1回で癒やすと書いてあり来てみました。施術後鼻の詰まりがとれ、まもな目の痒みも無くなりました。長年の悩みが嘘のようです。

このページの先頭へ